• 東京(下北沢)

    △▼△▼△▼△

    △▼△▼△▼△

    営業時間

    11:30~15:30
    17:30~20:30

    カレー、ライスなどが売り切れ次第、
    終了とさせて頂く場合があります。

    定休日
    水曜日

    夜の営業を復活いたしました。

    営業時間は、
    11時30〜15時30分 17時30分〜20時30です。

    東京下北沢「般°若(パンニャ)」は、
    年内が12月27日(火)迄、
    年始は1月6日(金)から営業致します。

    東京都世田谷区北沢 3-23-23
    下北沢シティハウスⅡ 1F[地図]

    03-3485-4548
    (さぁ、シーハー、こよいシーハー)

    大阪(福島)

    △▼△▼△▼△

    △▼△▼△▼△

    営業時間

    11:00〜21:00

    ※仕込みの都合により、
    一時閉店する場合が
    ございます。

    定休日
    火曜日

    大阪新福島「般°若(パンニャ)」は、
    年末年始休まず営業します。
    12月28日(水) 〜 2017年1月3日(火)は、11:00〜18:00
    (1月4日(水)より21時迄)

    ご来店をお待ち申し上げます。

    大阪市福島区福島 2-9-10
    [Google Map]

    06-4256-6319

    東京下北沢、

    大阪新福島ともに、

    お持ち帰りOK

    テイクアウトができるようになりました!
              

    また、数日前のご予約なら、人数分のカレーソースもお渡しできます。(要ご相談)

    東京下北沢、

    夜の部のアルバイトを募集

    笑顔がお得意な方、お待ちしています。
              

    17時頃〜21時頃の勤務
    時給 1000円〜 交通費支給(委細面談)

  • 「cafe 般゜若」開店のご挨拶

    ご訪問、ありがとうございます。

    2009年3月8日、サブカルチャーの聖地下北沢に、
    長年の念願でありました「カレーの店」を開店いたしました。

    一口にカレーとは言え、
    一口では満足できません。
    もとい、一口にカレーとは言え、
    千差万別、様々な種類がございます。

    その中から、自分の理想に近づくスタイルと調理法を研究して参りました。

    小麦粉とラードでこってりどろりの体育会系カレーでもなく、
    流行りのさらさらしゃぱしゃぱのスープカレーでもない、
    どなたにも楽しんで頂けるカレーが出来上がりました。
    「辛い物が苦手」という方には申し訳ありませんが……。

    店名は「般°若」といたしました。
    「パンニャ」と読みます。
    「パンニャ」とは、インドの古代の言葉で、
    「叡智」「知恵」を意味します。
    この言葉を雅号にしていた能面の職人・般若坊が、
    女性の鬼面を得意としたことから、
    「般若」の面という呼び名が定着したので、
    おぞましい意味はありません。
    いたってポジティヴです。

    そうそう、女性といえば、
    カレー屋さんに一人では入りにくいというご意見もよく耳にしますが、
    当店はそういう意味でも非常に入り易いとご好評をいただいております。

    小さい店ではありますが、地道に、日夜知恵を絞りながら、
    これからもカレーを洗練させて参る所存です。

    カレーには、
    インドの人々が編み出した温度調節の知恵、
    中国の漢方薬の原料、
    ヨーロッパの食を楽しむ心、
    日本の「和」のバランスと、
    ユーラシア大陸が総力で作り上げた、最高食と考えます。
    無理にでも。

    どうか、一度、いや一度と言わず何度でも、
    「般゜若」のカレーをお試し頂き、
    ご指導、ご愛顧賜りますれば、幸甚でございます。

    「般゚若」店主 拝

    おしらせ「雑誌記事について」